So-net無料ブログ作成
検索選択

夏越祓 [京ごよみ]

・・・と書いて「ナゴシノハラエ」と読みます。

一年の半分が過ぎ、
半年分のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈る行事です。

6月も末になると、神社では「茅の輪」の準備が始まります。
枠を組んだり、元々ある木を使ったり、鳥居を使ったり・・・
場所によって色々ですが、直径2メートルかそれ以上の
「茅がや」で作られた輪が出来上がります。

茅の輪をくぐり、人形(ヒトガタ)を納め、
家に帰って水無月を食べるのが本当なのでしょうが・・・
なかなか全部出来ないのが現実です。

去年は人形(郵送しました)と水無月。
今年は茅の輪と水無月でした。

水無月だけは忘れない私って・・・(^^;;





nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 3

たらこ太郎7

きっと水無月がもう体の一部になっているのでは・・・。そりゃ忘れませんね(笑) 京都だと季節毎だけでなく毎月様々な行事があって素敵です。
ニュースで祇園祭りのくじ引き(?)ってのをやってましたね~!?
by たらこ太郎7 (2006-07-04 16:33) 

ミルティーユ

水無月の内にコメントしようと思いつつ、
水無月が終わっていまいました。
季節感を大事にする生活はいいですね。
水無月をたねやで買おうと思ったのですが、
行列していたので今年は諦めてしまいました。
これからはてるさんを見習いたいです^^
by ミルティーユ (2006-07-08 11:13) 

てる

☆たらこ太郎7さん
行事の食べ物って、食べて「○○なんだなぁ〜」って
実感するんですよね。
昔は野菜でもそうだったのでしょうけれど、今はいつでも有るのでなかなかそういう思いは出てこないです。
祇園祭も宵山が過ぎ、とうとう本日巡航となりましたが
すでに今大雨です。
ビニールかけて巡航するんでしょうけれど、見る人も
大変ですよこれ〜〜〜(^^;

☆ミルティーユさん
茅の輪くぐりも、水無月も、有名なところでは
すごく行列ができますよね〜〜〜。
そういうお店の方が美味しいんですけれど・・・
今年は楽に、近所の神社と商店街の和菓子屋さんで
待ち時間0で済ませちゃいました。
季節感を感じる食べ物は旬のものでも沢山ありますよね。
水無月も、夏場の素麺もそういう意味では
似た様な感覚です(笑)。
by てる (2006-07-17 08:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。